清涼飲料水のおいしさ、楽しさに関する情報と当連合会の取り組みをご紹介します
ホームEnglish会員ログイン
気象庁共同プロジェクト 気象データのビジネス活用 気象庁共同プロジェクト 気象データのビジネス活用

販売数予測支援情報の作り方

材料

作り方

  • 1.
    2週先までの気温予測データを収集します。当該ページを表示した後、上部のプルダウンメニュー「地域」と「地点」から、自分の知りたい地点を設定します。また、その下のプルダウンメニュー「注目する温度」を22℃に設定します。
  • 2.
    指定日付の確率値を読み取り、以下の条件によって「高」「中」「小」のランク分けを行い、表の中に示します。
  • ランク 確率幅
    70%~
    50~70%
    ~50%

    確率とランク表示の目安

  • 3.
    2週先までの気温予測及び、過去5年間の気温実績、平年気温を帳票形式でまとめます。なお、気温実績、平年気温は1.と同様に地点を選択します。この際、表計算ソフトエクセルの、「セルの条件付き書式設定」で平年に比べて高いときに赤、平年に比べて低いときに青にセルが着色されるよう設定しておくと見やすくなります。
  • 4.
    帳票のセルと連動してグラフも描きます。
  • 5.
    週間予報から気温のデータを抜き出します。
  • 6.
    参考グラフとして、予想される販売数を知りたい品目の散布図(近似直線を描いたもの)を掲載します。さらにその図の中で、今年の予想気温、前週の実績気温、昨年の実績気温、平年気温の4か所、近似直線上にプロットします。
ホーム全清飲気象データのビジネス活用これまでの取組 > 販売数予測支援情報の作り方