清涼飲料水のおいしさ、楽しさに関する情報と当連合会の取り組みをご紹介します
ホームEnglish会員ログイン

自販機

清涼飲料自販機は、明治時代半ばに日本に登場し、その設置台数は、いまや全国で約250万台になりました。
あらゆる人々に、いつでも、どこでも、おいしく飲んでいただくために清涼飲料自販機はこれからも進化を続けるとともに、
社会の一員として、環境・安全・社会貢献など、さまざまな課題にも取り組んでいきます。

清涼飲料自販機の普及台数はこちら

image環境対応
清涼飲料自販機業界※は、2015年時点で、1台あたりの総消費電力量を1991年比78%以上削減しました。総消費電力量の削減では、2012年(短期最終年)43.5%と自主行動計画短期目標(2005年比37.1%)を達成。現在もさらなる総消費電力量削減を推進中です。
※清涼飲料自販機協議会 加盟団体4団体:(一社)全国清涼飲料連合会、日本自動販売協会、(一社)日本自動販売機工業会、日本自動販売機保安整備協会
image 安全対策
どこにあっても安全・安心にご利用いただけるように、業界では環境整備に取り組んでいます。
自販機据付規準を設けるとともに、設置業者を対象にした講習会や検定試験なども実施しています。
image社会貢献
災害時や緊急救命時など、さまざまな時に役立つ自販機が登場しています。自販機は清涼飲料水を買うだけのものではありません。その可能性はますます広がっています。
image 自販機を知る
清涼飲料自販機への理解を高めるため、10月を「自販機月間」と定め、講習会の開催やイベントへの出展などを行っています。
関連ページ
関連サイト
ホーム自販機