清涼飲料水のおいしさ、楽しさに関する情報と当連合会の取り組みをご紹介します
ホームEnglish会員ログイン
気象庁共同プロジェクト 気象データのビジネス活用 気象庁共同プロジェクト 気象データのビジネス活用

これまでの取組

本取組は自動販売機の販売数データーを用いて調査しました。

現状把握 分析 実証実験
目的 様々な品目における販売数と気象要素との関係を把握する 販売数の増減に与える気象要素の影響を定量的に調べる 気候予測に基づく対応策とその効果を検討する
手順 販売数と気象要素の関係を時系列、散布図などで表現する 相関係数などから販売数を予測するモデル式を立てる 気候予測値から販売数を予測し、現場オペレーションに活用する
結果
現状把握
目的 様々な品目における販売数と
気象要素との関係を把握する
手順 販売数と気象要素の関係を時系列、
散布図などで表現する
結果
分析
目的 販売数の増減に与える
気象要素の影響を定量的に調べる
手順 相関係数などから販売数を
予測するモデル式を立てる
結果
実証実験
目的 気候予測に基づく対応策と
その効果を検討する
手順 気候予測値から販売数を予測し、
現場オペレーションに活用する
結果

※屋外設置の不特定多数の方が利用できる自動販売機。気象要因の影響を明確に分析し、価格変動や販売促進活動レベルの違いなど気象以外の要因の影響をなるべく除去するのが理由です。

ホーム全清飲気象データのビジネス活用 > これまでの取組