清涼飲料水のおいしさ、楽しさに関する情報と当工業会の取り組みをご紹介します
ホームEnglish会員ログイン
image
知る・学ぶ
ペットボトルや空きかんの大変身
調べ方
身近にあるペットボトルやかんを見てみよう。清涼飲料水(せいりょういんりょうすい)が入っているペットボトルやかんなどの容器(ようき)、ラベルにはいくつかのマーク(識別表示(しきべつひょうじ)マークなど)がある。マークにどのようなものがあるのか、写真をとったり、メモをしたりして集めよう。また、そのマークにはそれぞれどんな意味があり、なぜ表示されているのかインターネットで調べよう。
まとめ方
調べた結果を表にまとめよう。また、ペットボトルやかんがどれくらいリサイクルされていて、どのようなものに生まれかわっているのかについても調べて、その結果をまとめてみよう。

ペットボトルやかんなど、飲料容器についていたマークや表示
アルミかんにつけられているリサイクルマーク。
スチールかんにつけられているリサイクルマーク。
ペットボトルにつけられているリサイクルマーク。
ペットボトルの飲み物には、ボトルのほかにキャップとラベルがついているが、それは別の素材(そざい)だ。
プラスチック製(せい)容器包装(ようきほうそう)の表示。キャップやラベルは、プラスチック製だという意味。
紙製の容器につけられているリサイクルマーク。
アルミを使っていない紙パックにつけられるマーク。
段ボールにつけられるマーク。
ペットボトルや缶のリサイクル
ペットボトルやかんは、回収(かいしゅう)された後にまたペットボトルやかんになるものと、さまざまなものに生まれ変わるものがある。
再利用(さいりよう)することで、地球の限(かぎ)りある資源(しげん)を有効(ゆうこう)に活用することにも役立っている。

●ペットボトルのリサイクル
分別回収されたペットボトルは、細かくくだかれて「PETフレーク」とよばれるものになる。それを原料としていろいろな製品(せいひん)がつくられる。1㎏のPETフレークで製品をつくる場合、新しい原料を使って製品をつくるのにくらべて、1.02㎏もCO2(二酸化炭素(にさんかたんそ))を減(へ)らすことができるそうだ。
●アルミかんのリサイクル
アルミかんを再生(さいせい)して使うと、たくさんエネルギーが節約(せつやく)できる。原料のボーキサイトから新しくアルミニウムをつくるよりも、なんと約97%もエネルギーを節約できる。
●スチールかんのリサイクル
スチールかんは、「何にでも」「何度でも」いろいろな鉄鋼製品(てっこうせいひん)に生まれ変わり、社会に役立っている。
気づいたこと・考えたこと
リサイクルされる飲み物の容器は、そのままもとの容器にリサイクルされると思っていたので、意外なものにもリサイクルされていることを知っておどろいた。また、リサイクルすることで、CO2(二酸化炭素)を減らしたり、エネルギーを節約できることがわかったので、これからは、飲み終えた容器をちゃんとリサイクルできるように、分別をしっかりとしたいと思った。

ドリンクキッズ

ドリンちゃんが案内する”飲み物の博物館”。ここでさらにくわしいペットボトルや空きかんのこと、そのほか、飲み物にまつわる情報がたくさんみられるよ!
http://j-sda.or.jp/kids/

清涼飲料水QA「リサイクル」

ペットボトルや空きかん、紙パックなど、清涼飲料のようきのリサイクルのことが、「しつもん」「こたえ」の形でよくわかるコーナーだよ!
http://www.j-sda.or.jp/ippan/qa_view.php?cat=2

リサイクル大作戦~ポステンダーからドリンランドを取り戻せ!

とつぜん出てきた怪人ポイステンダーにあらされてしまったドリンランド。元通りのきれいな島に戻すカギになるのはリサイクル!リサイクルパワーをあつめて、さあチャレンジ!
http://www.j-sda.or.jp/drinland/index.php
ホーム知る・学ぶ意外なひみつがいっぱい!飲み物と自動販売機の自由研究 > いろんなものに生まれかわる! ペットボトルや空きかんの大変身