清涼飲料水のおいしさ、楽しさに関する情報と当工業会の取り組みをご紹介します
ホームEnglish会員ログイン

日本清涼飲料研究会(会員お申込含む)

日本清涼飲料研究会 会員お申込のご案内

規約

日本清涼飲料研究会(日清研)は、平成4年2月に発足し、以来、清涼飲料技術者・研究者の皆様に情報交換と交流の場を提供し、技術面での革新とレベル アップを図ってまいりました。今後とも、清涼飲料業界が公共の利益と調和のとれた発展を続けるためにも、技術面からそれを支えるべく、日清研の一層の拡大 を目指すところでございます。
つきましては、日清研には個人会員と法人・団体会員がございますが、皆様のご加入をお待ち申し上げます。


(名称)
第1条
本会は、日本清涼飲料研究会(略称:日清研)という。また、本会の英語名をSociety of Soft Drink Technologists, Japan(略称:SSTJ)とする。
(目的)
第2条
本会は、人間の生活と食文化の形成において、清涼飲料が持つ親密な「かかわり」を明らかにするとともに、清涼飲料に関する広範な科学技術研究の進展を図ることを目的とする。
(事業)
第3条
本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 研究発表会、研究会、講演会などの開催
(2) 会誌、出版物などの編集発行
(3) その他、本会の目的を達成するために必要な事業
(会員)
第4条

本会の会員は、次の通りとする。
(1) 本会の趣旨に賛同し、本会に登録した個人。
(2) 本会の趣旨に賛同し、本会に登録した企業、公的研究機関及び団体。
ここで「公的研究機関」とは公立食品技術センターや大学等、公的性格
の法人・団体をいう。
(3) (2)に定める企業等が、それを代表するものとして指名し、本会に登録
した個人。
(4) 学識経験者の内で、理事会の承認を得た個人(名誉会員)。
2. 本会の会員の登録は、会長・副会長会議の承認をうけて行う。
3. 会員には別に定めるところにより、研究発表会の講演集及び「ソフト・ドリ
ンク技術資料」の無償配布又は会員割引などを受けることができる。

(役員)
第5条
本会には、次の役員を置く。
(1) 会 長   1人
(2) 副会長   8人以内
(3) 理 事   20人以内
(4) 監 事   2人
(役員の選任)
第6条
役員は総会において第4条の(1)、(3)及び(4)の会員の内から選任する。
(役員の任期)
第7条
役員の任期は、2年とする。ただし、補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とする。
2. 役員は再任されることができる。
(顧問)
第8条
本会に、顧問を置くことができる。
2. 顧問は、学識経験のある者のうちから、会長が委嘱する。
(委員会)
第10条
この規約において別に定める事項のほか、次の事項は総会の承認を得なければならない。
(1) 規約の変更
(2) 会費の額、及び徴収方法
(3) 事業計画、及び収支予算
(4) 事業報告、収支決算及び財産目録
(5) その他役員会において必要と認めた事項
(会費等)
第11条
第4条第1項第(1)号、第(2)号に定める会員は次に定める会費をそれぞれ納めるものとする。
(1) 第4条第1項第(1)号に定める会員
年額     2,000円
(2) 第4条第1項第(2)号に定める会員
ア 社団法人全国清涼飲料工業会の企業会員、組合会員又は
それぞれの傘下企業である企業及び団体 年額1口 20,000円
イ 公的研究機関
年額 3,000円
ウ ア、イに掲げる企業及び団体以外の企業及び団体
年額1口   25,000円
2. 前項に定める会費のほか、本会の研究発表会等を運営するための実費を徴収することができるものとする。
(会計)
第12条
本会の運営経費は、第4条の会員からの会費、その他の収入をもって充てる。
2. 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
(事務局)
第13条
本会の事務局は、社団法人全国清涼飲料工業会に置く。
(付則)
1. 本規約は、平成4年2月27日から施行する。
2. 創立総会において選任された役員の任期は、創立総会の開かれた日の
属する会計年度の末日までとする。
3. 第12条の2の会計年度の変更に伴い、平成12年度は平成12年10月1日
から平成13年3月31日までとする。


会員へのサービス等について

会員へのサービス等は次に定めるところによる。

1. 個人会員(規約第4条第1項第(1)号の会員)
・研究発表会「講演集」(1回/年、一般価格:5,140円)1部の無償配布
・研究発表会参加費の会員割引
・「ソフト・ドリンク技術資料」(3回/年、会員価格:6,170円、一般価格:9,250円)の会員割引
・会費の請求は、当会の法人・団体会員に所属する場合でも、個人会員宛に行う。
2. 法人・団体会員(全清飲会員)(規約第4条第1項第(2)号の会員の内全清飲の会員)
・研究発表会「講演集」(1回/年)1部の無償配布
・研究発表会の参加費(懇親会費を含む)、年会費1口につき1名分の免除。2名以降も会員割引
・「講演集」(会員価格:3,080円、一般価格:5,140円)、「技術資料」を追加購読する際の会員割引
◎ここで「全清飲会員」とは全清飲の企業会員、組合会員及び各々の傘下企業をいう。
3. 法人・団体会員(公的研究機関)(規約第4条第1項第(2)号の内、公的研究機関)
・研究発表会「講演集」1部の無償配布
・研究発表会の参加費(懇親会費を含む)、1名分の免除。2名以降も会員割引
・研究発表会「講演集」、「ソフト・ドリンク技術資料」の会員割引
4. 法人・団体会員(その他)(規約第4条第1項第(2)号の内、全清飲会員、公的研究機関のいずれにも該当しない法人及び団体)会員へのサービス等については2. に準ずる。
※ 団体会員の傘下である事をもって会員割引を適用しない。但し、全清飲組合会員の傘下企業には会員割引を適用する。
※ 会費の納入時期は、原則として毎年6月30日までとする。

ホーム全清飲日本清涼飲料研究会(会員お申込含む) > 規約